記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】日米ファン注視の楽天・田中は男気の広島・黒田超え新伝説なるか (1/2ページ)

 コロナウイルス禍のために前代未聞の無観客キャンプで盛り上がりに欠けるプロ野球界。頼みの綱は、メジャーから楽天に復帰した田中将大だ。

 東北大震災から10年目の今年。メジャーに一区切りつけ、古巣に再びリーグ優勝、日本一をもたらすための日本球界復帰劇。ファンは楽天のユニホーム姿を待ちわびている。

 いつ田中がキャンプに合流するのか。そのXデーは野球ファンの大きな関心事になっているが、石井GM兼任新監督は慎重を期している。

 「キャンプ中盤よりちょっと前くらいの合流になる。練習はしっかりとやっているということは確認できている。なるべく早くチームに合流して、会話じゃなくてプレーに対してのコミュニケーションをとっていきたいという気持ちは田中投手にもある」

 焦らせず、万全な状態での開幕を最優先させる腹積もりだが、ファンは気がはやる。3月11日に予定されているロッテとのオープン戦で雄姿を拝みたいところだろう。

 「まだ来てもいないので、それよりはしっかりと調整していただき、1年の目標を達成することだと思う」と石井GM兼任新監督。

関連ニュース