記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】2・20に85歳バースデー、長嶋茂雄終身名誉監督は自宅から“声援” 「日本一」の晴れ舞台が最大ノルマ

 キャンプたけなわの2月20日は巨人・長嶋茂雄終身名誉監督85歳の誕生日。今年は、例年宮崎キャンプ視察の山口寿一オーナーに託される首脳陣、ナインへの激励メッセージなし。ファンには気になるが、巨人OBがこう太鼓判を押す。

 「激励メッセージがなかったのは、病院生活だから? とんでもない。大丈夫ですよ。元気そのもので田園調布の自宅にいますから。もちろん巨人キャンプは毎日気にかけています」

 コロナ禍拡大危機、感染防止のために外出を自粛しているだけだという。

 6日の宮崎キャンプ視察の際に、山口オーナーも「健康面の問題はないですよ」と強調。しかし、選手、監督時代から筆まめ、律義なことで知られる長嶋終身名誉監督から首脳陣、ナインへの激励メッセージがなかったのは異例とも言える。一部ファンの間で「実は、健康不安を抱えているのでは…」と、危惧する声がささやかれるのも理解できる。

 球団トップの山口オーナーが、健康不安を全面否定するのは立場上当然のことだが、第三者の信頼できる巨人OB筋の太鼓判があったのだから、一安心だ。

 自宅でキャンプ情報を気にかけている長嶋終身名誉監督。巨人首脳陣、ナインとすれば、改めて今季こそ9年ぶりの日本一奪回を実現。長嶋終身名誉監督を最高の晴れ舞台に立たせるのが最大のノルマになる。(江尻良文)

関連ニュース