記事詳細

橋本聖子氏が五輪組織委新会長に就任 「身の引き締まる思い」

 女性蔑視と受け取れる発言で引責辞任した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長(83)の後任に、橋本聖子氏(56)が就任することが18日、決まった。同日、東京都内で開かれた組織委理事会で選出された。橋本新会長は「身の引き締まる思い。全力で東京大会の成功に向けて邁進(まいしん)する」と述べた。森氏の発言に端を発した混乱は、約2週間でようやく局面の打開に傾いた。

 後任会長人事をめぐっては、選定手続きの透明化を図るため、元アスリートを中心とした「候補者検討委員会」(座長・御手洗冨士夫名誉会長)を設置。国際的知名度や組織運営能力など5項目の観点から人選を進め、候補者を橋本氏に絞り込んだ。当初は周囲に難色を示していた橋本氏も最終的に受諾。会長は理事の中から選ばれるため、評議員会で理事に選任した上で、理事会にはかられた。

 夏冬計7度の五輪出場経験を持つ橋本氏は、日本オリンピック委員会(JOC)副会長や日本スケート連盟会長などを歴任。東京大会の準備状況を熟知しているほか、男女共同参画担当相としての実績もあることなどから、後任会長としてもっともふさわしいと判断された。

 橋本氏は就任あいさつで、国や東京都との連携強化に加え、新型コロナウイルス対策が最重要課題と指摘。「これであれば安全安心な東京大会だと思ってもらえるような体制をしっかりと整えていきたい」と話した。

 国務大臣規範は閣僚が公益法人の役職員を兼ねることを禁じており、橋本氏は会長就任に伴い、19年9月から務めた五輪相の辞職願を提出した。組織委は18日、森氏が12日付の書面で、会長職と理事の辞職を届け出ていたことを明らかにした。(産経新聞)

関連ニュース