記事詳細

全豪OP優勝、大坂なおみのメンタル支えた恋人パワー 20年の全米OPで「落ち込んだ時に飛んできてくれた彼」 (1/3ページ)

 全豪オープン決勝で圧倒的なパワーを見せつけ優勝した大坂なおみ(23)=日清食品。恋人の人気ラッパー、コーデー(23)と2ショットで受けた米誌のインタビューで、いかに心の支えになっているかを赤裸々に語っている。

 コーデーは米国東部メリーランド州生まれで、本名コーデー・アマリ・ダンストン。グラミー賞で2部門にノミネートされた気鋭のラッパーだ。貧しかった自身の生い立ちや社会問題について歌い、黒人差別に反対する「ブラック・ライブズ・マター」にも参加し、昨年7月にはケンタッキー州の司法長官私邸前に座り込んで逮捕された。

 2人が付き合い始めたのは2019年4月頃。大坂が全米、全豪を制し世界ランク1位に立った後、その重圧からどん底に落ち始めた時期と重なる。同年12月には、米プロバスケットボール・NBAのロサンゼルス・クリッパーズの試合で初めて2ショットをキャッチされ、昨年の全米オープンではコーデーがスタンドから応援した。

 その2人が米男性誌「GQ」の取材に応じ、仲良く過ごす写真が何枚も掲載された記事は、全豪オープン期間中の2月10日に発行された。

関連ニュース