記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】セ・パ新監督コンビにかかるプレッシャー 大エース復帰の楽天・石井監督と満を持して登板のDeNA・三浦監督 (1/2ページ)

 楽天・石井一久、DeNA・三浦大輔。両リーグの新監督コンビにかかるそれぞれのプレッシャーとは?

 ともに1973年生まれの47歳。それぞれ重いプレッシャーを背負っている。プロで指導者経験のない石井新監督は、それでなくとも、重責のゼネラルマネジャー(GM)兼任ときている。

 しかも、楽天球団史上初のリーグ優勝、日本一をもたらした大エースの田中将大が、ヤンキースからまさかの復帰。キャンプ早々、ファンが早くも2度目の奇跡、リーグ優勝と日本一を期待してお祭り騒ぎになっている。

 石井監督は、現在のところは田中復帰をGMでの手腕としてアピールすることもできる。が、シーズンに入り、期待を裏切る成績だったら、監督としてもGMとしても面目丸つぶれ。GM兼任新監督の責任問題追及は免れない。そのプレッシャーたるや想像を絶するだろう。

 現役時代に“ハマの番長”として鳴らし、DeNAの金看板だった三浦新監督も似たような条件下に置かれている。

 現役引退後、即監督就任ではない。二軍監督として帝王学をマスターする準備期間も用意され、満を持して今季、新監督としての登場だ。

関連ニュース