記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】田中バブルでえげつない楽天商法 前代未聞の「マー君クラブVIP」設立、ここまできたかと言うしかない

 24日、楽天は前代未聞の「マー君クラブVIP」設立、会員募集を発表した。前代未聞の田中バブルの便乗商法は、多くの楽天ファンを失望させるだけだろう。

 球団ファンクラブ「TEAM EAGL」の新コースとして設立の「マー君クラブVIP」は2種類。100人限定募集の他に、10人限定があり、こちらの年会費は180万円。

 田中の直筆サイン入りモデルユニホーム、プロモデルキャップといったグッズの他に、50万円相当の「1DAY Premium VIP Ticket」招待券など豪華特典などが含まれているという。

 キャンプでいきなり前代未聞の田中狂騒曲。今年1年間での地元宮城県での経済効果は、57億円超えと言われている。

 球団として個人のファンクラブは、故・星野仙一元監督の「1001クラブ」(2011年~2014年)以来、2度目。選手個人のファンクラブとして初の試みだという。表立ってクレームをつけなくても、面白くないと思っている他の選手もいるだろう。

 「ファンと直接触れ合うことが難しい中、ファンクラブを通じて交流できることを楽しみにしています。ここでしか手に入らないグッズもありますので、ぜひチェックしてみてください!」

 田中は球団を通してこうコメントを出したが、内心はありがた迷惑なだけかも。球界内でも何かと批判されている金銭面最優先の楽天商法。ついにここまできたかと言うしかない。(江尻良文)

関連ニュース