記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】巨人、長嶋終身名誉監督の東京ドーム練習視察効果で9年ぶり日本一奪回なるか (1/2ページ)

 2日、巨人・長嶋終身名誉監督が、一軍全体練習の行われた東京ドームを訪れ、原監督、チームを激励した。昨季、リーグ連覇は果たしたが、原第二次政権下の2012年以来、日本一からは遠ざかっている。悲願の達成へ何よりの喝入れになる。

 コロナ禍のためにキャンプ視察はできなかった長嶋氏。が、リーグ3連覇、9年ぶりの日本一が至上命令の巨人キャンプの詳細情報はホットラインで入手していた。

 この日の一軍全体練習視察は、自らの目で現状を確認。マスク姿で原監督と一緒に座って、談笑しながらも選手の一挙手一投足をチェックした。その後、改めて原監督以下のコーチ陣、ナインへ喝を入れた。

 長嶋氏が公の場に姿を見せたのは、昨年1月21日に営まれた金田正一氏のお別れの会以来。

 東京ドームは、2019年9月27日の巨人対DeNA戦で、阿部(現二軍監督)のレギュラーシーズン最後の現役戦を見届けて以来。

 今回の一軍練習視察は、何よりも9年ぶりの日本一奪回へ首脳陣、ナインの士気を高めるのが狙いだろう。巨人軍にとっての「優勝」は、リーグ制覇ではなく、「日本一」。

関連ニュース