記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】効果的な練習で上達するには 体の動きではなくクラブの動きを意識

 最初は止まっているボールだからと思っていたのに、現実はうまく当たらず悔しい思いをし、それがきっかけでゴルフにはまったというゴルファーも多いと思います。

 初心者のレッスンとしては、まずグリップやスタンスなどの正しい構え方を教わることがとても重要です。その理由は、人は体形などに個人差があり、クラブも1本1本長さや重さ、角度が違うので、それぞれに合った構え方をしなくてはならないからです。

 しかし、その後のスイングレッスンになると、「頭を動かすな、脇を締めろ」など、体の各所に注意を向けさせられ、その後、何とか打てるようになってくると、今度は「ヘッドの重さを感じろ、シャフトのしなりを意識しろ」など、クラブへの注意を促されるようになります。

 このようなレッスンの順序は当たり前と思う人がほとんどかもしれませんが、実はこの体の動きとクラブの動き、どちらを優先して意識するかは、上達するための大切なポイントになるのです。

 結論は、道具を使うスポーツ全般にいえることですが、体の動きばかりに注意を向けさせられると運動の習得は妨げられてしまいます。そして、その注意する体の部位を数多く指摘されればされるほど動きはぎこちなくなり、時には固まってしまう場合もあるのです。

 つまり、初心者ほど体の動きに注意を向けるよりも、「振り子のように振る」「軌道や加速をイメージする」など、クラブの動きを意識して練習したほうがいいのです。

 そのためには、良いインストラクターに出会うということが重要になってきます。なぜなら自分の姿は見えないからです。

関連ニュース