【メッタ斬り 生涯ジャイアン】わが古巣・中日よ、何やってんじゃい! 開幕ダッシュ失敗…一貫性がない選手起用 (1/2ページ)

2017.04.20

森監督(右から2人目)が率いる中日ベンチ。苦戦が続いている
森監督(右から2人目)が率いる中日ベンチ。苦戦が続いている【拡大】

 僕の古巣・中日は開幕スタートダッシュならず、3勝10敗2分でセ・リーグ最下位(18日現在、以下同)にあえいでいる。

 ファンは当然ながら、球団OBの僕も「何やってんじゃい!」とヤキモキしている。15試合を消化し、まだ4月でシーズンが始まったばかりとはいえ借金7。首位・広島に8ゲーム差をつけられた状況は、リーグ優勝を狙うには正直言って厳しいところだ。

 低迷している原因は何か。チーム成績を見て僕は首をかしげてしまった。チーム打率・246(リーグ4位)、同防御率3・43(同5位)、7本塁打(同5位)、11盗塁(同2位)。良くはないが、他球団と比べてひどく落ち込んでいるワケでもないからだ。一方で得点数「36」はリーグで断然最下位。

 走者を得点圏に置いての一本が出ていないのだ。グラウンドでプレーしている後輩の選手たちには更なる奮起を期待したいが、それ以上に森繁和監督ら首脳陣の采配が影響しているように思える。

 特に気になるのは、選手の起用に一貫性がないこと。例えば今季開幕カードの巨人戦で、ドラフト2位ルーキー・京田を1戦目で使いながら2戦目で外した。相手投手の左右の兼ね合いなどがあるのだろうが、結果が出ないとすぐに選手を変えてしまう。調子のいい選手を使おうということだろうが、打線の組み方がツギハギのようだ。投手にしてもバルデスを中4、5日で投げさせている。優勝争いの時期ならまだしも、まだ4月なのに…。投打で軸になる選手が不在、というよりも決めていない印象を受けてしまう。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。