記事詳細

今年売れたものランキング、コロナ禍で上位に大異変 (1/2ページ)

 マーケティング支援を行うインテージ(東京・千代田)は「2020年、今年売れたものランキング」を発表した。全国約4000店舗から収集している小売店販売データをもとに、推定販売金額の伸びを昨年と比較。2020年1月~10月の期間、日用消費財の中で何が売れたかを集計した。

 今年はコロナ禍により、ランキング上位が大きく入れ替わった。1位は「マスク」で、販売額は前年比425%と急伸。

 2位は「殺菌消毒剤」で、こちらも302%と販売額が大きく伸びた。さらに、その中でも傷口の消毒などを除いた「手指消毒液」に限定すると、910%と9倍超の販売額を記録した。また、購入者のうち約9割が新規購入者だったという。

 以下、3位「体温計」(伸び率249%)、4位「うがい薬」(同220%)、5位「ぬれティッシュ」(同179%)と続き、上位5位を衛生用品が独占した。

 なお、2019年のランキング1位は、タピオカ人気にけん引された「デザートドリンク」で伸び率が131%だった。今年衛生用品がいかに爆発的な売れ行きだったかが見て取れる。

 6位にランクインした「玩具メーカー菓子」(同153%)は、「鬼滅の刃」関連商品が大幅に販売額を増やした。8位の「プロテイン粉末」(同139%)は、女性を中心に購入者が増加。その中でも美容効果を期待して、大豆が主原料となるソイプロテインが支持された。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース