記事詳細

副業がバレた理由ランキング 「給与・税金の手続き」や「PC・スマホを見られた」を抑えて1位になったのは? (1/2ページ)

 副業がバレた理由の1位は「副業しているところを見られた」(109人)--こんな結果が、求人情報サイトなどを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)の調査で明らかになった。

 バレた理由の2位は「PC・スマホを見られた」(35人)、3位は「給与・税金関係の手続きで」と「つい喋ってしまった」(いずれも28人)、5位は「うわさ・人づてに」(24人)という結果に。

 「副業しているところを見られた」と回答した人からは、「自分の部屋で副業をしているときに、親が勝手に部屋に入ってきてしまった」(10代男性)、「週末に家業であるリフォーム会社の手伝いをしていたら、お客さんが取引先の方だった」(30代男性)、「働いているレストランに上司が来た。普段はバックで働いていたが、たまたま店内に出ていた」(40代女性)といった声が寄せられた。

 PC・スマホを見られたのは具体的にどんなシーンだったのか。「お客さんから来たLINEの通知を見られた」(20代女性)、「仕事で使うPCで副業の取引先とのメール画面を開いたまま席をたってしまい、同僚に画面を見られてバレました」(30代男性)、「PCの履歴から判明した」(40代男性)といったように、ちょっとした不注意が原因のようだ。ビズヒッツは「副業を隠しておきたい場合、『共用パソコンは副業に使わない』『スマホをデスクに置きっぱなしにしない』などの対策が必要」と指摘する。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース