記事詳細

【株式フジ】気になる外国人投資家の動き 米株価堅調で日本株買いに出るか 「トヨタ自動車」高値更新 「横浜ゴム」「ブリヂストン」も注目 (2/2ページ)

 小売り・サービスの内需株は個人投資家を中心に物色され、景気敏感株や精密・機械・電機などに多い国際優良株は外国人投資家の動きが鍵になりそうです。外国人投資家は通常、米国株が堅調なときに日本株を買いに出る傾向があります。足元、主要な米株指数は史上最高値近辺にあり、この側面からも期待ができます。

 東京市場で最も時価総額が大きい「トヨタ自動車(7203)」も上場来高値を連日のように更新しています。自動車に関連するタイヤの「横浜ゴム(5101)」、「ブリヂストン(5108)」、海運大手の「川崎汽船(9107)」、化学大手の「昭和電工(4004)」、「三菱ケミカルホールディングス(4188)」に注目しています。

 その中でひとつ不穏なこともあります。外電で「中国広東省台山市の台山原発から放射性物質漏れが起き、周辺地域の放射線量が高まっている」と伝えられています。中国当局は否定していますが、同原発は香港から約200キロの地域にあり、もしものことが起こるとアジアの株式市場は軒並み波乱となり、東京市場も無風とはいきません。推移を注視しておきましょう。 (株式ジャーナリスト・天海源一郎)

関連ニュース