記事詳細

みずほ銀が振込手数料引き下げ 10月1日から

 みずほ銀行は、他行宛ての振込手数料を10月1日から引き下げる。ネット取引の場合、振込金額が3万円未満なら手数料を70円下げ150円に、3万円以上では120円下げ320円にする。振込先銀行に支払う送金料が安くなる銀行業界の制度改正を反映させた。

 窓口や現金自動預払機(ATM)の値下げ幅は振込金額が3万円未満で60円、3万円以上では110円とした。窓口やATMより安いネット取引の手数料をさらに大きく引き下げ、運営コストが低いネットの利用を促す狙いがある。

 銀行間の送金を担う「全国銀行資金決済ネットワーク」が10月から銀行に課す送金料を引き下げる予定で、三菱UFJ銀行や三井住友銀行もすでに同様の値下げを発表している。

関連ニュース