記事詳細

【家電の世界】地上波もネット動画もゲームも革新の高画質 LGの「新時代」有機ELテレビ (1/2ページ)

 LGエレクロニクス・ジャパンは、有機ELテレビの2021年モデルとして、3シリーズ10モデルを発売した。

 LG自らが、テレビ向けの大型有機ELパネルの生産を行っていることもあり、有機ELテレビのパイオニアともいえる存在だ。グローバルでは2013年から、日本でも15年から有機ELテレビを発売。この分野では、8年連続で世界ナンバーワンシェアを獲得している。

 「2010年に日本のテレビ市場に参入して以降、12年には国内初のスマートテレビを発売。15年の国内初の4K有機ELテレビ、17年には国内初のウォールペーパー方式の有機ELテレビ、19年には国内初の8K有機ELテレビを発売するなど、最先端の技術をどこよりも早く日本市場に提供してきた」と同社。「新製品は、『新時代のテレビをつくれ』がコンセプト。新たな時代にふさわしい、新たな基準になるテレビを用意した」と自信をみせる。

 新製品のOLED G1では、次世代有機ELパネル「LG OLED evo」を採用。OLEDピクセル構造を変更して、新たなレイヤーの追加により、色の再現性と明るさをさらに向上させたのが特徴だ。「赤、緑、青の波長を改善し、輝度を高め、色の純度が高まったことで、緻密な色表現が可能になっている」と同社。

 OLED C1では、スリムな筐体を実現しながら、前方にクリアな高音質を届ける「ディンプルスピーカー」を搭載。スタンダードモデルとなるOLED A1では、Dolby VisionIQとDolby Atmosに対応した高画質、高音質を実現している。

関連ニュース