記事詳細

【ネット騒然銘柄】大谷効果で「野球用品」関連急伸

 全体相場が反発基調のなか、決済代行のメタップス(6172)の株価が急伸している。米グーグルが同社の持分法適用会社を買収すると一部で報じられたことが材料。12日には小型株に強い、いちよし証券が株価レーティングを新規に「A(強気)」としたことも追い風になった。

 株価は9日から13日にかけて大きく買われたものの、13日のPTS(夜間取引)で急落に転じた。そのため、「ドヤ顔していた人たちはどこへ」「欲張りすぎた…」といった揶揄(やゆ)や後悔の書き込みが後を絶たない。ホルダーたちはしばらく気が気ではないだろう。

 足元のネット上でジワジワとコメント数を増やしているのが、スポーツ用品卸売りのゼット(8135)。米大リーグのオールスターゲームのホームランダービーに日本人で初めて出場するなどエンゼルスの大谷翔平選手が獅子奮迅(ししふんじん)の活躍を見せているが、これによって野球用品の販売増加が期待されているもようだ。株価は短いフライで終わりそうな雰囲気もあるが、特大ホームランまで伸びを見せるか。 (新井奈央)

 【2021年7月15日発行紙面から】

関連ニュース