記事詳細

三井住友FG、中国に証券会社 来夏の営業開始目指す

 チャイナリスク大丈夫? 三井住友フィナンシャルグループが、傘下のSMBC日興証券と共同で中国に証券会社を設立する。中国証券監督管理委員会に設立を申請、来年夏ごろの営業開始を目指すという。

 中国政府は2020年4月に中国市場に対する外資規制を緩和し、全額外資の証券会社の設立を認めた。国内の証券会社ではすでに、野村ホールディングスや大和証券グループ本社が中国当局から設立の認可を得ている。

 SMBC日興証券によると、中国国内の機関投資家や公共機関などの大口顧客を対象に営業を始め、その後、業務を拡大していく方針。もっとも、そこは中国。何かあったとき、槍玉に上がりかねないだけにご用心。

関連ニュース