記事詳細

【バズる関西トレンド】観光客激減の京都に高級ホテルが続々オープン!勝算は? アフターコロナを見据えた開発競争 (1/2ページ)

 新型コロナウイルス感染症の流行によって一転、危機に直面したホテル業界。なかでもインバウンドの急増で活気づいていた京都のホテルは、宿泊客が消滅した影響で業績が悪化し、倒産や廃業が相次いだ。

 ところが、昨年から今年にかけて高級ホテルの開業ラッシュが続く。勝算はあるのだろうか。

 9月16日、京都・洛北に開業したのが「ロク キョウト LXR ホテルズ&リゾーツ」だ。ヒルトンの最上位ブランド「LXR ホテルズ &リゾーツ」の9軒目でアジア初。ヒルトンとしては京都初進出という。

 場所は美しい自然が残る鷹ヶ峯(たかがみね)の麓で、金閣寺からも近い。西陣発祥の染匠、しょうざんが1951年に築いたリゾート施設「しょうざんリゾート京都」の一角に建ち、広大な敷地内には結婚式場や料亭、川床も。市内中心部とは明らかに異なる空気と時間が流れている。同じ鷹ヶ峰エリアには、2019年11月に高級ホテル「アマン京都」も進出。知る人ぞ知る京都の魅力を堪能できる新たな高級リゾート地として注目を集めるエリアだ。

 そんな立地に建つ「ロク キョウト」は、鷹ヶ峰を借景に自然を取り込んだデザインが特徴。レストラン棟の前に広がる大きな水盤が印象的だ。客室は114室。関西では珍しい屋外温泉プールも備えている。 

 一帯は琳派発祥の地としても知られ、かつての芸術村に着想を得た内装やインテリアも見どころ。1室1泊あたり11万円~。紅葉シーズンでも2名朝食付きで10万2000円と「連泊しやすい価格」(西原吉則総支配人)に設定されている。

関連ニュース