記事詳細

松本、指原への“セクハラ発言”についてコメント 「なぜカットしなかったのか?」の理由を告白

 20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウン・松本人志(55)がHKT48・指原莉乃(26)に対し行った“セクハラ発言”について言及。なぜこの発言をカットしなかったかなどについて自身の口で説明した。

 13日の放送ではNGT48・山口真帆(23)の暴行問題が取り上げられ、指原が批判が集まる運営に対し「誰がトップなのか、誰が仕切ってるのか、私ですら分からない」となどと苦言。これに松本が「そこはお得意の体を使って何とかするとか…」と発言し、放送後、この一言にネットで批判の声があがった。

 指原はこの騒動を受けて15日に自身のツイッターを更新し「ワイドナショー、緊張しすぎて本当に記憶がほとんどなく… 改めて録画をチェック…。松本さんが干されますように!!!」とツイートした。これに松本もすぐさま反応し「指原様~」とコメントした上で、指原のツイートをリツイートした。

 番組の冒頭、司会の東野幸治(51)から騒動について振られると、松本は「えっと、僕は今日を持って無口なコメンテーター、ギャラ泥棒になろうと」とボケを交えてコメント。同番組はできるだけ松本のコメントをカットせず使っていきたいという「暗黙の了解」があると説明したうえで、松本は「この発言をなぜカットしなかったのか?」という点について説明した。松本はまず「俺が『カットして』といえばカットされる」と強調。そして「鬼のように滑ってたから。逆に恥ずかしくて(カットしてくれと)言えない。早く家に帰りたい。それがあって言えなかった」と述べ、芸人ならではの理由があったと明かした。

 松本はさらにコメンテーターとして「炎上はこの先もしていくと思うんです。炎上で得られることもある」と指摘。そして「大火事になったときに大切なものが見えてくるし。消化器を持って駆けつけてくれる人が誰かもわかるし。指原もそうだし、高須先生とかも」と思いを述べた。 (zakzak編集部)

関連ニュース