記事詳細

プロ意識なし! 福山雅治も手を焼く“暴走エキストラ”の実態 SNS投稿、一生の記念、遊び感覚… (2/2ページ)

 一方、エキストラを起用するのは、ドラマや映画だけではない。

 「民放キー局の情報番組の食レポで紹介する飲食店の客ですら無償エキストラが多い。事務所に所属や登録をしなくてもSNSのグループに入れば、案件はたくさんくるので、遊び感覚でよりどりみどり。プロ意識なんてありませんよ」とキャスティング会社の営業マン。

 エキストラが作品の質を下げては本末転倒だ。

関連ニュース