記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】本番収録まで一度も会わずに制作…正直驚いた“テレワークドラマ” (1/2ページ)

 「テレワークドラマ」なるものを初めて見た。大型連休の4、5日と8日の夜11時台にNHKが放送した『今だから、新作ドラマ作ってみました』。そのまんまのタイトルでくくった単発の30分ドラマ計3本を、3組のスタッフとキャストが「リモート打ち合わせ」からリハーサル、本番収録まで一度も直接会わずにテレワークで制作。これが意外に底力を発揮する機会となったようだ。

 自宅でテレワーク中のご同輩は息抜きがてら、公式サイトのスタッフブログを読んでもらうと話が早い。「100年に一度」の窮地を逆手に取り、通常ならありえないドラマ作りを試みた詳細が(ドラマ以上の面白さで?)書かれている。

 第1夜「心はホノルル、彼にはピーナツバター」(満島真之介、前田亜季)はリアル。第2夜「さよならMy Way!!!」(小日向文世、竹下景子)の2人はBSプレミアムで放送中のドラマ『70才、初めて産みました~セブンティウイザン。~』で超高齢出産に挑む夫婦を演じている。その夫婦の「今だから」こそ作れた“後日譚”とも見えた。

関連ニュース