記事詳細

アンジャッシュ・児嶋、バラエティーやドラマで評価上昇も… 絶対に「渡部の代わり」になれないコト

 “多目的トイレ不倫”騒動で活動自粛中のアンジャッシュ、渡部建(47)に代わって評価が高まっているのが相方の児嶋一哉(48)。人気ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の出演も決まるなどブレーク中だが、絶対に渡部の代わりになれないことがあるのだ。

 渡部の騒動をめぐって、代役で出演したラジオ番組で涙ながらに謝罪し、相方への思いを語った児嶋。バラエティー番組に出演しても“渡部いじり”もすべて受け止める度量で評価もうなぎのぼりだ。

 「これまで“児嶋だよ!”という切り返しぐらいで、渡部に比べて影が薄かった。どちらかというとコントで鍛えた演技力を生かした俳優業に主力を置いているぐらいでした」と演芸関係者。

 それがここに来て、一気に注目され、バラエティーやドラマで需要が高まっている。20%超えを続けている「半沢直樹」でも出演が決まった。そんな児嶋だが、どうしても渡部の代わりになれないのがグルメ番組だ。

 「児嶋はとんでもない味オンチなんです。渡部も作るほうはからきしでしたが、児嶋は食べるのもからきし。牛肉、豚肉、鶏肉の区別がつかないほどですから」と民放関係者。

 せっかくのチャンスだが、そこは残念だ。

関連ニュース