記事詳細

長澤まさみが「コオロギ美味しい」と絶賛!今年ブームになる昆虫食とは (1/3ページ)

 国連人口基金が今年4月に発表した「世界人口白書2021」によると現在、世界の人口は約79億人--。その中の約4分の1にあたる20億人が共通して食べていて、日本でもいま話題になっている意外なものがある。それは昆虫だ。

 世界の昆虫食事情に詳しい昆虫ライター・ムシモアゼルギリコさんは、世界で昆虫食が注目されたきっかけをこう推察する。

 「以前はテレビ番組の罰ゲームで出てくることがほとんどでした。しかし、2013年に国連食糧農業機関がいずれくる食糧危機の解決策として昆虫食を候補に挙げたことで、メディアでの取り上げられ方が徐々に変わっていきました。最近では昆虫食の自動販売機なども登場し、注目度が高まっています」

 日本でも地域によってはイナゴや蜂の子などを食べる習慣があるとはいえ、日本はさほど食糧に困っておらず、いますぐに昆虫に頼る必要性は感じられない。そんな中、日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)に出演中の長澤まさみ(33才)は、実は前から昆虫食を生活に取り入れてきた。

 2020年7月放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で、長澤は、ある昆虫食を「お取り寄せして家でよく食べています」と仰天発言。その昆虫食とはコオロギラーメン。一杯のラーメンになんと約100匹のコオロギが使われているという本格的な昆虫食だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース