記事詳細

「赤坂のドン・ファン」TBS小林廣輝アナ、局アナとしてピンチ!フリーや異動の道は? (1/3ページ)

 アナウンサーのスキャンダルなどさして珍しくはないが、ここまで派手にやらかすと再起はなかなか難しいかもしれない--。『アッコにおまかせ』『Nスタ』などの人気番組にレギュラー出演していたTBSの小林廣輝アナ(27才)に、複数の女性との交際疑惑が浮上。アナウンサーとして再びテレビ出演するのは絶望的な状況となっている。

 ことの発端は、6月11日発売の雑誌『FRIDAY』に、小林アナとテレビ朝日の斎藤ちはるアナ(24才)とのお泊まりデートが報じられたことだ。元・乃木坂46という経歴を持つ斎藤アナは、入社直後に『羽鳥慎一モーニングショー』に抜擢され、未来のテレ朝のエースとも言われる人気アナ。そんな彼女の熱愛のニュースは大きな話題となったが、それだけでは終わらなかった。

 同誌は、小林アナが斎藤アナとのお泊まりデートの翌日、別の美女を自宅に連れ帰っている場面をキャッチしており、二股疑惑が浮上。その後、『FRIDAY』編集部には12件もの情報提供が寄せられたそうで、OL、元モデル、接客業、会社員など4人の女性が、小林アナとの交際をぶちまけた。小林アナには“赤坂のドン・ファン”という有り難くない異名までついてしまった。

 「小林アナは2018年にTBSに入社し、すぐに『アッコにおまかせ』や『Nスタ』に起用されたことからも分かるように、局としてかなりプッシュされていました。ただ、スキャンダルに対するTBSの反応は素早く、小林アナは両番組とも“欠席”となりました。いずれ降板となる可能性が高いでしょう。

NEWSポストセブン

関連ニュース