記事詳細

【立川志らべ 週間BSマップ】18歳になった「地球環境の申し子」に密着 「グレタ・トゥーンべリ~気候変動の最前線をゆく~」 (7月18日(日)午後9時BS朝日)

 グレタ・トゥーンベリ。近ごろ物忘れの激しいお年頃になり、一瞬「誰だっけ」と思ってしまった自分が情けない…。

 私以外の人はご存じでしょう。現在18歳となったスウェーデンの環境活動家です。一時期は、トランプ大統領の天敵として話題となりました。

 18日午後9時からBS朝日で放送されるのが、SDGsスペシャル「グレタ・トゥーンベリ~気候変動の最前線をゆく~」です。

 これは、日本で初放送となるイギリスBBCが送る最新ドキュメンタリーです。

 力強いスピーチで、人々の心を動かしてきたグレタ氏は、次のように打ち明けます。「私の声ではなく、科学に耳を傾けてほしい」。この番組は、18歳を迎えた彼女が大学を休学して世界中を旅した1年間に密着。各地の国際会議に赴き、演説を行う舞台裏や、気候変動の実態に触れるため、様々な土地を訪ね、科学者たちと対話を重ねる姿を記録します。

 ある時は地球温暖化によって消滅しつつある広大な森林や氷河を訪ね、またある時は地球を救うかもしれない新しいテクノロジーの最前線を訪ねます。

 印象に残ったのは、2018年の山火事で村の9割の家屋が焼失してしまったアメリカ・カリフォルニア州のパラダイス村。生き延びた住人を訪ね、当時の様子に耳を傾けます。温暖化によって虫が増える→枯れ木が増加→山火事で二酸化炭素増加→気温上昇、というサイクルは、落語家ですら深刻な気持ちになります。

 ただ、グレタ氏は18歳でたくさんの知識を得て、多くの人の期待を背負っているんだけど、まだ若いから心配にはなりますな。あまりに深刻に考えすぎると自分が参ってしまうんじゃないかって。だから、グレタさんには落語を聞くことをお勧めします! 志ん生師匠、聞いてほしいな~。(立川志らべ)

関連ニュース