記事詳細

元NHK大越健介氏『報ステ』MC就任“もの言う番組”復活に期待の声 (1/2ページ)

 テレビ朝日は10月から『報道ステーション』のメインキャスターに、元NHKの大越健介氏が就任することを発表した。

 「名物キャスターの政権批判で局の看板番組となった『報ステ』に、同じくNHKで政権に“もの言うキャスター”として人気を得た大越氏が入るとあって、局内外から“『報ステ』が勢いがあった頃に原点回帰するのでは”と期待の声があがっています」(テレ朝関係者)

 2010年代半ば、『報ステ』と大越氏は似たような境遇に立たされた経緯がある。

 2014年11月、自民党が当時筆頭副幹事長だった萩生田光一氏と福井照・報道局長(当時)の連名文書で、NHKと在京民放5局に選挙報道の「公平中立」を要請。6日後には『報ステ』に公平中立な番組づくりを要請する文書を送付するなど、安倍政権によるメディアへの「圧力」が取り沙汰された。

 当時、NHK『ニュースウオッチ9』のキャスターを務めていた大越氏も安倍政権に批判的な発言をすることがあったため、2015年に同番組を降板した際には「官邸の意向」が働いたと報道された。

 『報ステ』は2016年3月に古舘伊知郎氏がMCを降板し、富川悠太アナ、フリーの徳永有美アナらに代わった。

NEWSポストセブン

関連ニュース