記事詳細

「パプリカ」Foorin、9月末解散にネット民「たくさんの人が楽しんだよ!」「全員成長しすぎてもはや親目線」 (1/3ページ)

 シンガー・ソングライター、米津玄師(30)の作詞作曲プロデュース曲「パプリカ」を歌う男女5人組ユニット、Foorinが、9月末をもって解散することが19日、ソニーミュージックの公式サイトで発表された。ネットには「君たちは本当によく頑張った!」などと、感謝の言葉が寄せられている。

 9月27日放送のNHK Eテレの特番「あしたにたねをまこう!LIVE」(後7・25)で軌跡を振り返るとともに、ラストパフォーマンスを披露する。19日午前4時には、「パプリカ」の集大成となるミュージックビデオ「あしたにたねをまこう!バージョン」の完全版がNHKのYouTubeで公開された。

 Foorinは、2018年にNHKの「2020年とその先に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト」の応援ソング「パプリカ」の歌唱のためにオーディションが行われ、アニメ監督の新海誠氏(48)の長女で人気子役のちせ(11)らで結成。同年8月に発売した同曲はロングヒットとなり、YouTubeの再生回数は2.2億回超を記録した。19年には日本レコード大賞を史上最年少で受賞し、NHK紅白歌合戦に2年連続で出場。さらに20年から選抜高校野球大会の入場行進曲に2年連続で選ばれるなど社会現象となった。

関連ニュース