記事詳細

【鎮目博道 テレビ用語の基礎知識】「海外メディア」 「やめろ」と言ったって外出禁止なんか守るわけがない (2/2ページ)

 だって日本のテレビ局だって、外出禁止令が出てる国で「ごらんください。人っ子1人いません」とか街角から特派員がリポートしてるじゃないですか? 海外取材なんて、現地政府のいうことをそのまま守ってたんじゃ…と誰しも思うものなんです。「それよりも自国の国民に現地の状況をありのままに伝える義務がある」と考えるからこそジャーナリストなんです。

 まあ、そりゃコロナ感染予防のために、彼らなりにやれることはすると思いますよ。きっとワクチンも接種してるでしょうし、不必要に無防備なことはしないでしょうけどね。

 でも、もうこうなったらわれわれが覚悟を決めるしかありません。国際的な大イベントをするっていうのは、そういうことなのではないですか? さあ、覚悟を決めてみんなでオリンピックを応援しましょうね!

 ■鎮目博道(しずめ・ひろみち) テレビプロデューサー。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。1992年テレビ朝日入社。スーパーJチャンネル、報道ステーションなどのプロデューサーを経て、ABEMAの立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などを企画・プロデュース。2019年8月に独立。近著に『アクセス、登録が劇的に増える! 「動画制作」プロの仕掛け52』(日本実業出版)。

関連ニュース