記事詳細

NHKドラマ『白い濁流』の佐々木希に腹を決めた女優の顔を見た (3/3ページ)

 昨年、複数女性との不倫が発覚した夫・渡部建さんはいまだ身動きとれず。全レギュラー番組を降板、スポンサーなどへの違約金は1億円超とも報じられ、芸能界への復帰もままならない……。「渡部と夫婦であり続けるというのは、佐々木にとってもイメージが悪い。今後の仕事にも支障が出かねない」とまで指摘されました。一方で「4億円のマンションを自分名義で購入」というニュースも見聞きする昨今。果たして今後の仕事や生活は?

 少なくとも河原智子役を見ていると「自分の足で立つ」と腹を決めた女優の顔をしています。旦那が稼げないなら私が稼ぐ、という決意でしょうか。そもそも佐々木さんは強い地を持っていて、しかし芸能界に入ってしばらくの間は可愛い方を強調する演技をしていた、そしてまた地に戻った、ということなのかもしれません。

 9月5日からは6年ぶりの舞台『醉いどれ天使』(黒澤明監督映画の舞台化・演出三池崇史)にも出演するという佐々木さん。いよいよ「女優」として大きく羽ばたくか。今後に注目です。

NEWSポストセブン

関連ニュース