記事詳細

【シネマパラダイス】約100年の歴史を持つ映画館「朝日座」の閉館騒ぎ 「浜の朝日の嘘つきどもと」

 福島・南相馬で約100年の歴史を持つ映画館「朝日座」はノスタルジックな建物はそのままに企画上映などで地元民の交流の場になっている。タナダユキ監督がオリジナル脚本で閉館騒ぎを描いた。上映時間114分。10日公開。

 朝日座の支配人(柳家喬太郎)は閉館を決意した。そこに現れたのが朝日座を立て直すために東京から来た茂木莉子(高畑充希)。クラウドファンディングで資金を集め、旧作上映のちらしを配り、不動産屋の岡本(甲本雅裕)らと親しくなる。莉子は高校時代に出会った映画好きの恩師、田中茉莉子(大久保佳代子)に立て直しを頼まれていたのだ。

 しかし朝日座の土地を狙う業者が現れ計画は暗礁に乗り上げる…。

 【ホンネ】映画と男が好きで、思いやりもある恩師を演じる大久保がいい。テレビのコメンテーターでよく見るが、芝居もなかなか。女優としてもうちょっと目立ちを狙え! ★★★★ (映画評論家・おかむら良)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース