記事詳細

小倉ゆうか「中国に行きたい」グラビア卒業後の思いを語る (1/2ページ)

 グラビアクイーンとして数々の栄誉を手にしたものの2019年の夏には水着グラビアを「引退」し、今年春には事務所を独立した小倉ゆうかが9月13日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』(41・42号)の表紙&巻頭グラビアに登場。自然なグラビアを披露しながら、「引退」に関する思いや変化したこと、今後の展望について語った。

 * * *

 --今現在、どういうところを目指して活動していらっしゃいますか?

 「たとえば女優がやりたいとか、そういった目標は、ないです。ひとつ大きな目標としてあるのは中国に行きたいということ。今は、お仕事の境目みたいなものや肩書きがなくなってきていると思うので、コレになりたいという目標はこれからもないと思います。でも、中国に行きたいことだけは、はっきりしています」

 --それは、いつ頃から思い始めたことなんでしょうか?

 「1年半くらい前から留学したいと思っていたんです。いろいろな制約もあったので、簡単には実現できなくて、遠い夢だったんですけど、今は自由にできるようになったので、行けるタイミングを見つけたいと思ってます」

NEWSポストセブン

関連ニュース