記事詳細

「コロナは風邪」GACKTにコロナ感染騒動 活動休止発表前に重病説も浮上 (1/2ページ)

 「映画『翔んで埼玉』の続編の撮影が数日行われたタイミングで、急にGACKTさん(48才)サイドから『体調不良で撮影に行けない』という連絡があったんです…。情報解禁をしたばかりなので、困った状況ではあったのですが、撮影も公開も延期になることが内々に決まっています」(映画関係者)

 GACKTのエージェント事務所が、活動無期限休止を発表したのが9月8日のこと。

 《苦渋の決断となりましたがこの方針は、医師、GACKT本人、海外側のエージェントと弊社の協議の上で決定しました》として、理由としては《幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥りました》と公表した。

 「8月6日に移住先のマルタ共和国から日本に帰国後、すぐに体調が悪化していたみたいです。体重が10kgも落ち、重度の発声障害も併発したことで、活動休止をして治療に専念することを決めたというのが、事務所側の説明でした」(芸能記者)

 ファンの間では、この1か月ほど、GACKTの重病説がささやかれ続けていた。

 

 8月14日に予定されていた週に一度のライブ配信の休止が発表されて以来、休止が続き、さらに同月31日には、9月中の生配信もすべて行わないことまで発表されていた。

 「これまで体調不良としか説明されていなかったので…。GACKTさんが大好きなアプリゲームに彼がログインしたかどうかを誰でも確認できるのですが、それを見ても全然ログインされてなくて。ちょうど新型コロナウイルスの感染者が激増していた頃だったので、GACKTも感染していたのかと思っていました」(40代女性ファン)

NEWSポストセブン

関連ニュース