記事詳細

秋改編で日テレVSテレ朝勃発…民放勢力図に異変あり? テレ朝、裏番組で上田晋也を即起用 (1/2ページ)

 日本テレビが打ち出した秋の改編が、人気バラエティー番組をいくつもばっさりと終了させるという大胆な内容で、波紋を広げている。ここにはコロナ禍でこれまでのような番組作りができなくなったという厳しい現実から、視聴率三冠王を死守しようとする思惑までさまざまな意向が渦巻いている。そこに視聴率で競り合うテレビ朝日が猛攻をかけてくるのだからすさまじいかぎりだ。

 今月2日に発表された日本テレビの10月期の改編をめぐっては、改編率が全日帯は5・6%、ゴールデン帯(午後7~10時)で5・7%、プライム帯(午後7~11時)は18・6%と、春の改編に比べて数字だけ見るとおとなしいものとなった。

 しかし、火曜午後10時の『ボンビーガール』や同午後11時59分からの『ウチのガヤがすみません!』、さらには土曜午後11時半の『有吉反省会』など人気番組を相次いでたたむことになったのだ。

 民放関係者はその衝撃を語る。

 「確かに『ボンビーガール』などは数字(視聴率)が落ちてきているという話ではありましたが、軒並み番組が終わる印象を受けますよね。しかし、ここからは長年維持してきた視聴率三冠王の座を守るために、新しい番組を作るぞという決意も伝わってきます」

関連ニュース