記事詳細

「カメ止め」に続くか? 定石など何のその若者たちが大バトル、大乱闘 ホラー&ファンタ系映画「黄龍の村」 (1/2ページ)

 熱狂的なホラー&ファンタ系映画ファンから注目され続けている阪元悠吾監督(25)の最新作「黄龍の村」。2019年11月に撮影した作品だが、コロナ禍で公開日が延びに延び、今月24日に公開日を迎える。

 ホラーテイストかと思うと、途中からアクションものに変貌する。映画の定石など何のその、若い俳優陣による大バトル、大乱闘だ。

 夜の街ではしゃぐ複数の男女。突如、キャンプに行こうと盛り上がる。

 その様子は、スマホの縦長の映像で撮られている。冒頭、映画はしばらく、縦長画面が続く。スマホといっても、つい先日発表されたiphone13のように撮影機能が向上したものではなく、全体的に雑な映像。その分、生々しい肌感覚が伝わってくる。

 車の中で運転手以外は酔っ払い、キャンプ場で肉に食いつく。行き当たりばったりの若者たちの一見群像劇のような幕上げだが、観客はまだ、多くのことに気づいていない。キャンプ場でBBQを楽しんだ一行は車を走らせる。ナビは見ずに、目的地も決まっていない。いつしか、Wi-Fiのつながらない山奥でタイヤがパンクするという、恐怖のシチュエーションへと変貌する。

 助けを求めるために歩き始める一行。すべてが手探りの前進だが、絶体絶命の状況に、白馬の騎士(と言ってもあやしく、気味の悪いオヤジだが)が登場。「自宅へ来い」と誘われるままに、一行は導かれる。

関連ニュース