記事詳細

【鎮目博道 テレビ用語の基礎知識】「ニュースの背景」 “観光用の撮影スポット”みたいな「作りもの」の背景はもうやめるべきだ (2/2ページ)

 まあ、背景がおかしいっていえば、テレビ局側も、記者クラブや海外支局の背景が相当おかしいです。各局なんであんなにダサいデザインになっちゃいますかね。

 例えば「国会記者会館」だと背景が嘘くさい国会議事堂の写真とか映像とかで…全然リアルじゃない。以前各局のソウル支局はだいたい背景に「でっかい南大門の写真」を置くのが定番だったんですけど、放火で全焼したニュースのときは各局困ったと思いますよ。燃えてるはずの南大門が燃えずに背景にあるわけですからね。

 作りものの背景は、もうやめてもいいかもですね。といって「リアルに報道フロアが映るニューススタジオ」とかだと、汚い格好でうろつくスタッフが映る…ってクレームが視聴者から来たりします。かつてテレ朝では「オンエア中は映るところを通るな」って通行止めにしてました。それも困ったもんです。やれやれ難しいですね。

 ■鎮目博道(しずめ・ひろみち) テレビプロデューサー。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。1992年テレビ朝日入社。スーパーJチャンネル、報道ステーションなどのプロデューサーを経て、ABEMAの立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などを企画・プロデュース。2019年8月に独立。近著に『アクセス、登録が劇的に増える! 「動画制作」プロの仕掛け52』(日本実業出版)。

関連ニュース