記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】特殊能力?で全員再結集…偶然が続いた「10月4日」 「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」 (1/2ページ)

 4日の主なニュースは(1)「第100代」首相に岸田文雄氏選出、新内閣発足(2)東京の新型コロナウイルス感染者数が今年初めて「100人」を下回る(3)米大リーグの大谷翔平が最終戦で46号ソロを放ち「100打点」達成。

 偶然並んだ「100」をかみしめていたら、その夜はノーベル医学・生理学賞の受賞者も発表された。「温度や痛みを感じる仕組みの研究で成果を上げた」のが授賞理由。カプサイシンという「唐辛子」のからみ成分を使って、皮膚の神経で熱に反応する仕組みを分子レベルで解明したという。唐辛子の「痛さ」については常日頃、身を持って感じているが、ちゃんと研究すればノーベル賞をもらえるんだと感心した。

 『ニュースウオッチ9』の裏では秋ドラマの先陣を切って、フジテレビの月9『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』がスタートした。窪田正孝主演の、2年半ぶりの続編。初回を見て驚いた。「唐辛子」がキーワードになっていた。

 冒頭近く、甘春(あまかす)総合病院の前院長の和久井映見が、前々院長の娘で放射線科医の本田翼に「これ、アメリカの七味唐辛子。絶品なのよ」と意味ありげに(?)差し出す。

関連ニュース