記事詳細

おバカ系タレント、演技派俳優、元アイドル…次に薬物で逮捕されるのは誰か (1/3ページ)

 コンプライアンスにとにかく厳しい現在の芸能界では、薬物で捕まったら“おしまい”なのは当たり前。噂が出ただけでも芸能生活は終わりかねない。

 薬物を供給する密売組織内には、「芸能人顧客リスト」なるものが存在するという。

 「このリストに名前が載っているのが、おバカ系男性タレントのAさん。Aさんはたびたび反社のパーティーに客寄せパンダとして参加しています。最近は日本アカデミー賞の受賞歴もある演技派俳優のBさんも、Aさんと一緒にパーティーに出席している。壇上でスピーチすることもあるようで、大役を終えた2人が連れ立ってトイレに行き、しばらくしてから“生き生きした表情”で会場に戻ってきたこともあったようです」(芸能関係者)

 ほかにも、近年バラエティー番組でブレークした女性タレントのCや、おしゃれ系イケメン俳優のDらが、このリストに名を連ねている。当局もこのリストの存在を把握しており、名前のある芸能人の動向を注視しているともいわれている。

 交友関係が裏ではそのまま“薬物仲間”というケースもある。テレビドラマでの難しい役どころを演じきって人気に火がついたE、セクシーな色気で女性ファンの多いF、ミステリアスな雰囲気が魅力のG。この3人はいずれも30~40代の主演クラスのイケメン俳優で、プライベートでも親交がある。そればかりか、共通の知人である若手経営者からコカインを仕入れる仲だという。

NEWSポストセブン

関連ニュース