記事詳細

【新橋のネクタイ巻き TV視てますか?】現在進行形の「2021年秋」をぶった切る! 「ドクターX~外科医・大門未知子~」 (1/2ページ)

 14日から第7シリーズが始まったテレビ朝日『ドクターX~外科医・大門未知子~』はやはりトンデモない。荒唐無稽を楽しむドラマだが、2年ぶりに登場の今季は趣がちょいと違っている。この“ちょいと”がミソ。

 前回シリーズは2年前の12月19日に最終回が放送された。後に明らかになるが、直前の12月8日、中国の湖北省武漢市で最初に確認された新型コロナウイルスの感染者が発症したとされている。

 シリーズは9年前にスタート。コミカルなやり取りで時事ネタを巧みに取り込んできた。コロナ禍のこの2年、脚本の中園ミホをはじめ、制作サイドは考えに考え抜いたのではないか。結局、今季は初回のサブタイトルが「100年に1度のパンデミック?! 激変する大学病院で待ち受ける新たな戦い」となった。

 この2年間、大門未知子(米倉涼子)は「崩壊」に直面したニューヨークの医療現場で鬼の形相で闘っていたという設定。その回想映像が繰り返し出てくる。舞い戻った東帝大学病院の医療従事者たちも疲れ切っている。看護師役の今田美桜(朝ドラ『おかえりモネ』ではお天気キャスター)が憤る。「コロナと闘っている私たちが、なぜ苦しい思いばっかし…」

関連ニュース