記事詳細

東映元社長・高岩淡さん死去90歳 太秦映画村開業、「極妻」手がけ映画業界の発展に尽力

 10月28日に肺炎のため90歳で死去した東映元社長の高岩淡さん。日本初の映画テーマパーク「東映太秦映画村」を開業するなどさまざまな形で映画業界の発展に尽力した人だった。

 九州大卒業後の1954年に東映に入社し、京都撮影所に配属。71年には所長に就任し、75年には東映太秦映画村を開業した。93年に東映社長、2002年に会長に就任した。

 製作者としても『柳生一族の陰謀』『火宅の人』『極道の妻たち』シリーズ、『鉄道員(ぽっぽや)』などのヒット作を手がけたほか、1995~2003年まで長期にわたり日本アカデミー賞協会会長を務めた。

関連ニュース