記事詳細

【シネマパラダイス】父の葬儀で出会った3人の異母姉妹を描いた人間ドラマ 「花椒(ホアジャオ)の味」

 互いの存在を知らずに育ち、父の葬儀で出会った3人の異母姉妹をヘイワード・マック監督が描いた人間ドラマ。香港のサミー・チェン、台湾のメーガン・ライ、中国のリー・シャオフォンとアジアの人気女優が共演。香港が中国にのみ込まれる前の庶民のエネルギーが伝わってくる。上映時間118分。5日公開。

 中華料理店を経営する父(ケニー・ビー)が突然死し、娘のユーシュー(チェン)が駆けつけるが間に合わなかった。葬儀当日、台湾から次女のルージー(ライ)、三女のルーグオ(シャオフォン)が現れる。店は賃貸契約が残っていて、途中解約は違約金が発生するとわかり、3人は店を続けるために父の秘伝のレシピを探す…。

 【ホンネ】3人の会話から、それぞれが父とどうつきあっていたかがわかってくる。親族とのコミュニケーションは簡単そうで難しい。せりふにもあるが「話せるうちに話しておこう」という気持ちになる。★★★★ (映画評論家・おかむら良)★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース