記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】笑えないゴールデンボンバーの「特大ブーメラン」 自身の不倫をひた隠し鬼龍院に強烈ビンタした歌広場 (1/2ページ)

 「キリショー(鬼龍院翔の愛称)を強烈ビンタしているとき、内心どんな気持ちでいたのだろう?」

 ファンからため息まじりの感想が漏れるのは、ゴールデンボンバー、歌広場淳(36)。『週刊文春』が20代女性のA子さんとの不倫を報じ、彼女とのプライベート・ツーショット写真やLINEのやり取りも掲載。ライブやイベントではビジュアル系の派手なメークを施しているが、素顔はかなりのイケメンだ。

 2人が知り合ったのは昨年1月。飲食店で働くA子さんと歌広場はすぐに男女の仲に。だが歌広場は同い年の一般女性と2016年に結婚、19年には第一子をもうけているため、当初からお互い不倫関係ということは認識していたが、「A子さんは人目を引く美人で、歌広場はぞっこん。時間をつくって頻繁にデートし、地方での仕事にも呼び出すほどだった。プロゲーマー並みの腕前を誇るゲーム好き、日大芸術学部文芸学科卒で小説愛好家の彼は、メンバーの中でも知性派インドア系として通る“陰キャラ”。遊び方を知らないぶん、愛人との浮気にハマってしまった」(歌広場を知る音楽関係者)。

 しかし今年2月、A子さんの妊娠が発覚。歌広場は〈恋人だしパパだから〉と男気のあるメッセージを送ったが、すぐに「堕ろしてほしい」「認知できない」と態度を急変。そうこうするうちA子さんは切迫流産、中絶に至ったという。その後歌広場からの連絡は途絶え、今回の告発に結びついた。

関連ニュース