記事詳細

【CS・BS 今週の狙い撃ち】松田優作のクールな狂気 「家族ゲーム〈4Kデジタルリマスター版〉」(スカパー!BS255 日本映画専門チャンネル11月21日(日)午後9時) (1/2ページ)

 21日午後9時からスカパー!日本映画専門チャンネルで放送されるのが、森田芳光の才気あふれる演出が冴える映画「家族ゲーム」です。

 高校受験を控える息子を持つ沼田一家は、成績のパッとしない息子・茂之(宮川一朗太)のために家庭教師をつける。だが、やって来た吉本(松田優作)は三流大学の7年生という風変わりな男だった。父の孝助(伊丹十三)は息子の成績が上がれば特別の報酬を払うと約束。吉本は時に優しく、時に暴力的に茂之を仕込むが…。

 独創的な画面構成と辛辣な人間観察眼、シニカルなユーモアに彩られ、現代日本の家庭のあり方を痛烈に批判した80年代を代表する映画の一つと言っていいでしょう。

 何度もテレビドラマ化され、鹿賀丈史や長渕剛が家庭教師・吉本を演じてきましたが、この作品で演じている松田優作も必見です。

 決して、吉本の異常性をデフォルメするような演出をしていません。吉本の“凶暴性”を前面に出してはいないのですが、松田優作のクールでありながらも何を考えているのかわからない異常な目で、このキャラクターのそこはかとない狂気を表現しています。