記事詳細

【シネマパラダイス】IS相手にゲリラ戦 雑誌掲載の実話を基にルッソ兄弟がプロデュース「モスル~あるSWAT部隊の戦い~」

  雑誌に載った実話を基に、『アベンジャーズ』シリーズのルッソ兄弟がプロデュース。『ワールド・ウォーZ』などの脚本家マシュー・マイケル・カーナハンが監督デビュー。IS(イスラム過激派組織)相手にゲリラ戦を仕掛ける部隊の死闘を描く。キャストはみなイラクにルーツを持つ。19日公開。1時間42分。

 荒廃したイラク第2の都市モスル。地元の新米警官カーワはISに襲われたところを、突如現れたSWAT部隊に救われる。ISに身内を殺されたカーワは本部を無視して独自のミッションを遂行中だという彼らに、その場でスカウトされる。

 【ホンネ】見ながら状況がつかめず混乱するが、そのカオスこそがリアル。土ぼこりや煙の中から何が飛んでくるか分からぬ緊迫感が一瞬もゆるまない。その中でつかの間の休憩、仲間同士の会話や関係が効く。ミッションが明かされる終盤、衝撃と痛くも深い感動が腹にズドン! ★★★★(映画評論家・折田千鶴子)★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース