記事詳細

【奈良崎コロスケ 音楽とおじさん】第50回(完) 何度生まれ変わっても、俺たちはまた…

 80年代音楽ファン事情マンガ『音楽とおじさん』、これにて終幕となります。50の手習いで始めたドヘタな漫画を読んでくれた皆様と仕上げなどを手伝ってくれた妻、辛抱強く連載を続けさせてくれた担当のYさんに心より感謝します。

 もともとは10曲程度しか入っていないレコードやCDに3000円も払っていた80年代の若者と、デジタルネイティブな現代の若者とのギャップを描くのがテーマでしたが、いつの間にか青春バンド漫画と化してしまいました。「キャラが勝手に動く」というのは、このことですね。いやぁ、僕もいっぱしの漫画家になったものだ。90年代編も近いうちに始められたらと考えておりますので、その際はまたお付き合いのほどを。それでは、またどこかでお会いしましょう!(奈良崎コロスケ)

関連ニュース