記事詳細

【坂上忍の白黒つけて何が悪い!】環境汚染訴訟の怖い実話、「今」という時代にドンピシャ 12月17日公開「ダーク・ウォーターズ巨大企業が恐れた男」 (1/3ページ)

 すこぶる痛快な物語であり、極めて怖い実話である。

 主人公である弁護士の元に、農場主が依頼に訪れる。

 農場が大手化学企業が垂れ流す廃棄物によって汚染され、飼牛190頭が変死したと言うのだ。

 にわかに信じがたい話に、弁護士は一度は依頼を断るが、祖母の知り合いということから調査を進めると、飼牛だけでなく人間にも危害が及んでいたことを知り、大企業を相手取り7万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏み切るのであった。

 とまぁ、このようなストーリーなのだが…。

 改めて裁判って、いったい何なんだろうと。勝つためなら何でもアリなんだなと。真実の追求というよりは勝負ありき。

 正義が勝つとはかぎらない世界。正直、怖さしか感じませんでした。

 だって、結果的に10年以上の歳月を費やすことになるわけですよ。

 主人公の弁護士を演じるのは演技派、マーク・ラファロ。

 『スポットライト 世紀のスクープ』での名演が記憶に新しいですが、今回は同チームとともにプロデューサーにも名を連ねております。

 しかも、ラファロさんはプライベートでも環境保護活動を積極的に行っていることから、本気度が違います。

関連ニュース