レジャー注目ニュース

土佐高知けいば日記5月号 黒潮皐月賞はハルノインパクトがV 鞍上はベテランの西川敏弘騎手

 3日に行われたゴールデンウイークの名物重賞『福永洋一記念』(4歳上・1600メートル)は、昨年の年度代表馬スペルマロンが1着となり8度目の重賞V。獲得賞金が高知競馬で初となる7000万円超えとなり、改めて1強時代の到来を印象付けた。15日に行われる準重賞「シュヴァルグラン賞」(4歳上・1600メートル)にスペルマロンは登録していないが、転入初戦のAB混合戦で古豪サクラレグナムを負かした、ダノンジャスティス等がエントリー。古馬戦線を占う上で見逃せない。