記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】平塚最終日 ついに万車券的中!最終日も高配当を狙います

 『与太郎よそう』で、ついについに万車券が的中しました!

 スタートしてはや10カ月、もちろんその間に的中はしているんです。してはいるんですが、やっぱり穴予想をしているからには万車券を当てなければ私の気が済みませんし、読んでる皆さまも納得しないでしょう。

 そのときが訪れたのは平塚ナイターの初日S級特選12Rでした。軸にしたのは斎藤登で、予想どおりに坂本周が主導権を握り番手絶好の斎藤が山中将、嶋津拓をブロックして差し切りました。

 そして、何とか坂本が逃げ粘って3着に入ってくれたおかげで3連単1万1360円! ご存じのとおり100倍以上の払戻金の車券のことですからね、万車券とは。なんと甘美な響きでしょうか。

 的中したことを胸を張って声高に叫びますよ! 穴予想が当たったときの喜びは宙に浮いたような気分になりますね。さすが穴(ANA)です!

 さて、この調子でS級決勝12Rでも高配当を狙い、佐藤を軸にします。嶋津と嘉永が踏み合えば、準決勝同様に展開が向いて佐藤のまくりごろになって〔6〕⇔〔2〕-〔3〕〔5〕〔7〕。

 浮かれ気分でオチはイマイチですが、予想がさえればいいんです! 2連続万車券をゲットだ!!(落語立川流二ツ目)

 ■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。