記事詳細

【新台】突入率75%!安定感と爆発力を兼ね備えた小当りRUSH機『Pベルセルク無双』の実戦報告まとめ

 5月24日、ニューギンの新台『Pベルセルク無双』がリリースされた。日本を代表する重厚なダークファンタジー漫画「ベルセルク」のゲーム「ベルセルク無双」との初タイアップ機。導入直前の20日、原作者・三浦建太郎氏の突然の訃報に全国のファンが悲しみに包まれたが、作品の魂は今も様々な媒体で生き続けている。本機もその一つと言えるだろう。

 ■『Pベルセルク無双』スペック

 初当たり確率約1/319.7、小当りRUSH付きの確変ループタイプで、確変割合は75%。

 ヘソ大当たりは振り分け67.5%で小当りRUSH無しの確変「無限蝕RUSH」に移行し、バトル勝利(電チューにて振り分け75%の10R確変に当選)で小当りRUSH付きの確変「ベルセルクEXTRA」に突入する。ヘソからEXTRAに直撃するパターンも振り分け7.5%で存在。小当りRUSHは1回転あたり約20.8発増加、1セットで約1000発の出玉に期待できる。

 通常大当たりに時短は付かないが、その分小当りRUSHへの突入率が高く、ベルセルクEXTRAから無限蝕RUSHへの転落は無し。一度小当りRUSHに突入したら約2000発が75%でループする仕様となっている。

 遊タイムは非搭載ながら安定感と爆発力を兼ね備えたスペックとなっているが、導入後のユーザーの手応えはどうだったのか? ネット上にあがっている評価・感想・実戦報告を調べてみた。

 ■確変や小当たりに入りやすいスペックが好評!

 本機は突入率・継続率共に75%というスペックが好評を博している。初代「シンフォギア」のヒットあたりから、突入率が低く継続率が高い1種2種混合機がもてはやされていたが、突入率100%の『Pとある魔術の禁書目録』(2020年11月・JFJ)がヒットしたように、実はユーザーは安定感を求めていたのかもしれない。

突入率50%では3連続単発の確率は約12.5%もあるが、突入率75%ならわずか1.56%ほど。単発地獄にさほど怯えずに済む。初打ちしたユーザーからは「絶妙なライン」とか「やれる感じがする」などと、スペックを評価する声が目立った。

 ■一撃5万発報告も! 小当りRUSHが優秀

 小当りRUSHの性能は公称通り優秀らしく、ネット上では「50回転ハマるだけで1000発」「わずか2連で5700発」といった報告があがっている。さらには一撃5万発やトータルで約9万5000発というとんでもない出玉を叩き出した台も見つかった。ちなみに、確変中の大当たり確率は約1/45.0。計算上、約10.57%の確率で100ハマリを超え、小当りRUSHだけで推定2000発を獲得できる。昨年秋の規制緩和で、小当りRUSHタイプのモードTYの上限が大きく引き上げられたわけだが、本機はその恩恵をフルに活かしているようだ。

 ■演出バランスは?

 ネット上の実戦報告を調べてみると、7テンや天激ボタン振動、強敵リーチ中の「狂喜解放」など、いかにも強そうな演出からのハズレが多数確認された。一方で、弱いバトルリーチの弱いカットインから当たったという報告もあり、大当たりまでのパターンは豊富な模様。また、右打ち中のバトル演出はどんな敵でもチャンスがあり、満遍なく当たるという。初見で激熱ハズレに遭遇すると戸惑うが、打っているうちに多くのユーザーが独自の演出バランスに気付くようで、「1日打っていられる」「また打ちたい」といった声が数多く上がっている。名シーンや名セリフを再現した演出に対しては「鳥肌が立った」とか「胸が熱くなった」との声があり、原作を知るユーザーからの評価も上々。開発チームが作品をしっかりと理解し、愛を込めた結果と言っても過言ではないだろう。

 ■時間効率が良い

 本機は通常時の消化が速く、ある台は1時間で300回も回ったという。大半の機種が200弱、速いものでも250程度と言われている中で、300は驚くべき数字。かなりサクサクと消化できるようだ。最近はRUSH突入からの時速ばかりが注目されがちだが、通常時の消化スピードも限られた時間の中で打つ場合には重要と言える。

 スペックは優秀、ベルセルクの名シーンも堪能できるという『Pベルセルク無双』。一撃特化の『ぱちんこ GANTZ極』に対して安定の『Pベルセルク無双』……と、小当りRUSH機の両雄として並び立ちそうな予感すらある。稼働も良好で、5月27日には早くも増産が決定。この勢いで第二次小当りRUSHブームが起こりえるのか、これからのホールでの活躍に要注目である。

完全版はこちら

http://psumma.jp/pachinko/51888/

P-Summa(ピーサマ)

パチンコ・パチスロを「エンターテイメントとして」より楽しんで頂くことを目的として攻略・最新情報やホール情報だけではなく、使用されているコンテンツの深堀り等、あらゆる情報をお届けします。