記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】松山最終日 断然1番人気は土生でしょうが単騎の木村から狙います

 松山FIIナイターでは連夜、土生敦弘の強さが際立っていますね。土生と言えば、志らべ兄さんが先月の与太郎よそうで「(ラインが千切れ)味方にも毒を排出するハブの勝利。二ツ目さんのコラムみたいだな!」と書いていたことを思い出しました。

 兄さんは、いかにも落語家っぽい地口(同音異義語)でオチを付けるのが好きじゃないんでしょう。地口ってどちらかと言えば格は低いとされていますし…。

 でも、落語家がコラムを書く時に求められるのって結局はオチなんですよね。そんなオチのなかで一番使いやすいのが地口オチ。兄さんにバカにされてもオチがないよりは地口で落とした方が読んでいる人も納得するでしょ?

 えっ、予想を的中させるのが一番納得する? それはごもっとも…。

 松山ナイター最終日A級決勝12Rは土生が断然1番人気でしょうが、単騎の木村から狙います。宗崎が抵抗して土生と激しく踏み合えば、木村の一発が決まる〔6〕-〔2〕⇔〔1〕〔3〕〔5〕です!

 これだけオチの話をしてきたのに、今日はもうオチなしです!

 真打ちさんのコラムみたいだな!

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。