記事詳細

「PIST6 チャンピオンシップ」10月2日千葉JPFドームで開幕 国際大会に準拠、1日2走制

 五輪などの国際大会で行われる自転車トラック種目の「ケイリン」に準拠し、車券を発売する公営競技として実施される新しい大会「PIST6 チャンピオンシップ」の開幕発表記者会見が8日に都内で行われ、千葉市の千葉競輪場跡地に建設された、木製板張りの1周250メートル走路「千葉JPFドーム」で10月2日に開幕すると主催者などが発表した。

 同大会は、6車立ての1日12レース制で実施され、選手が1日に2度レースに臨む「1日2走制」を導入。土、日中心の2日間の昼夜開催で年間100日程度施行される。新型コロナウイルス対策で当面は無観客開催となるが、通常は観客を入れて行われる。

 記者発表には東京五輪トラック種目、日本代表の脇本雄太(福井)と新田祐大(福島)が同席。脇本は「国際ルールでのレース機会が増える。競技レベルは向上すると期待している」。新田は「世界を目指す選手が本気で戦えるようになる」と新大会開催を喜んだ。

 大会の主催は千葉市だが、市から包括委託された、競輪場運営や着順判定の写真撮影などを手がけるJPFとIT大手のミクシィの合弁会社「PIST6」に運営を委託。車券はミクシィのスポーツベッティングサービス「TIPSTAR」で購入できる。