記事詳細

【ドクター和のニッポン臨終図巻】人間国宝・坂田藤十郎さん 前日の散髪「人気役者の見事な最期」 パーキンソン病を発症、闘病短く「ほぼ生涯現役」 (1/2ページ)

 近松門左衛門の『曽根崎心中』は、江戸時代に実際にあった商人と遊女の心中事件を基に描かれた作品。2人が死に場所に選んだお初天神(露天神社)は、大阪御堂筋にあり、私も近くを通る時は手を合わせています。それにしても、「情死」とはすごい日本語ですよね。憧れと怖さが同居する二文字です。

 この『曽根崎心中』の遊女・お初が当たり役となり、生涯をかけて妖艶に演じ続けた上方歌舞伎の大御所、人間国宝であられた坂田藤十郎さんが11月12日に都内の病院で亡くなられました。享年88。死因は、老衰との発表です。

 報道によれば、昨年末の顔見世興行で転倒をしてしまい、頚椎を圧迫骨折。今年の初めから入院されていたそうです。骨折治療を続けていましたが、その後パーキンソン病という診断を受けています。パーキンソン病とは脳幹のドーパミンが減少するため、歩行が障害されて転倒しやすくなる病気です。

 舞台上で転倒されましたが闘病期間も1年未満でしたから、ほぼ「生涯現役」だったと言えるわけで、ご自身も本望であったのではないでしょうか。病室で最期を看取った妻・扇千景さんは、「寝ているんだなと思ったら、目の前ですーっと息を引き取った。最後まで私が見ている間に亡くなり、大往生でした」とお話しされています。

関連ニュース